一般的な光脱毛とは

 
エターナルラビリンスだけでなく現在脱毛サロンと呼ばれているサロンが行なっている脱毛方法のほとんどは光脱毛と呼ばれる方法で行なわれています。この光脱毛とはどのよう仕組みで脱毛がなされているのかご存知でしょうか

光で毛が抜けるのかと思うと何とも不思議とお思いでしょう。ここでは光脱毛の概要について紹介をしてみたいと思います。

以前、エステでの脱毛というと電気針というものが主な手法で、金額と時間そして大変な痛みが伴うものでありました。しかし、脱毛機器の開発が進み特殊な波長を持つ光の発見がなされると、脱毛分野は広く手軽に行なえるものとして急速に広まってきたのです。

それが光脱毛なのですが、特殊な波長の光とは黒い色に反応をして集まり熱を帯びるという働きを持ちます。この性質を利用し肌に当てると、毛穴深くの毛根の黒い部分に光が集まり一瞬にして高温状態となります。そうすると、一瞬で毛根が熱く焼けて毛根内の組織が熱で破壊をされてしまい、新しい毛の成長が出来なくなってしまうのです。

こうなると、次の毛が成長しませんから、今ある毛が抜けてしまうとそのまま生えてこない可能性が高くなるという仕組みになるのです。
エターナルラビリンスでは光脱毛と呼んでいるが、他のサロンでは違う名前の脱毛方法で紹介をされているので違うものではと思う方もいるかもしれませんが、光の出方や工夫をされているもので、根本的な部分では同じ光脱毛となります。

ひざ下脱毛しないと夏に恥をかきます
 

医療機関でのレーザー脱毛

 
全国のサロンではエターナルラビリンスのように光脱毛で脱毛が行なえるサロンが数多く存在をしますが、その他にも医療機関でも脱毛が行なえるというのをご存知ですか?

美容外科クリニックや皮膚科の一部などで行なわれているもので、これらの施設では医療用のレーザー脱毛というものを行なっています。レーザー脱毛とはどのようなものであるのか、光脱毛とどのように違うのかご紹介をしてみたいと思います。

レーザー脱毛も基本的な脱毛のメカニズムは光脱毛と変わりはありません。しかし、光脱毛と比べるとその光の出力量は大きな違いがあり、かなり強力となります。そのため、脱毛の効果は光脱毛に比べても高く、確実に脱毛が行なえるのでレーザー脱毛の方が良いという方も少なくはありません。

エターナルラビリンス,脱毛

しかし、元々皮膚科などの治療で使われていたレーザーですから威力が強い分、肌が受けるダメージもその分大きくなり、皮膚トラブルの可能性も大きくなりやすいとも言われています。このことから、レーザー脱毛は医師のいる医療機関でしか扱えず、エターナルラビリンスのような脱毛サロンでは行なえないのです。

また、効果が強いということは脱毛時の痛みも大きく、個人差はありますが光脱毛よりは痛みを感じやすいとも言われていますし、施術金額も光脱毛よりは高額な傾向ではあります。脱毛の完了期間はその分短期間で終わる事が多いようですが、個人の好みや状況に合わせて選択をしてみても良いでしょう。

ヒゲの脱毛すると日々のケアが楽です

 

施術の回数と完了期間

 
エターナルラビリンスで全身脱毛をしようと思った際、全身脱毛が完了するまでどのくらいの期間が必要なのでしょう。

全身なので短期間という訳にはいかないというのは想像ができますが、満足がいく状況まで脱毛を行なう期間はどのくらいが必要なのでしょうか?

エターナルラビリンスでは6回コースと12回コースがありますが、脱毛効果を上げたいのであれば12回コースが確実でしょう。個人差がありますが、全く光脱毛などを経験したことがない人の場合、6回コースでは休止期のムダ毛を全て処理するというのは難しいとも言われています。

多くの方は12回ほどの施術にて8割ほどの脱毛が行なえ自己処理も大変楽になると感じるレベルに達する事が多いようです。12回でも2割は残るのかと少々ガッカリとお思い方もいるかもしれません。更に必要な場合18回ほどでほぼ全部のムダ毛が処理され気にならなくなるとも言われていますが、個人差が大きいので確実ともいえないのは事実ではあります。

それでは平均12回として、これを一定間隔で滞りなく施術をした場合、完了までどのくらいでしょうか。平均2〜3ヶ月ごとの施術と言われていますので、単純計算をすると完了まで2年から3年の月日を要するということになりますね。

エターナルラビリンスでは月2回まで部位を変えて施術ができますから、順調に行なう事ができると1〜2年ほどで完了するでしょうか。それでも年単位ですから、全身脱毛を考えている方は早めの行動が望ましいでしょう。

脱毛のキャンペーンを利用しないと損です